がんニュース − 新薬・新治療法 特集

がんを治す闘病のための最新ニュース : 続々登場するがん治療新薬と 次々と開発されるがん新治療法 の最新ニュース速報!!
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND

CATEGORIES
PROFILE
 
脳腫瘍を増殖させてる抗がん剤?

がん治療に際して、ある種の抗がん剤を継続的に使用すると、 グリオーマと呼ぶ脳腫瘍が増殖し易くなってしまうことが、解明された。

問題となった抗がん剤は、脳腫瘍の治療に使われる「テモゾロミド」。

脳瘍を手術で切除した後にがんが再発した患者に 抗がん剤「テモゾロミド」を使い続けると、 特定の遺伝子変異が発生する。 さらに抗がん剤治療を続けると、この遺伝子変異のがん細胞が蓄積してしまい、 再発時に腫瘍の増殖に関する信号伝達を活発にしてしまうのだ。

つまり、抗がん剤の使用中によって、 遺伝子の変異が修復されずに残り、脳腫瘍が増え易くなってしまうのだ。

抗がん剤「テモゾロミド」には、 がんを小さくする効果があるのだが、使い方の工夫が不可欠になったと言えるだ ろう。

抗がん効果はある一方で、継続使用すると逆のがん増殖効果を持つようになると いうのは、一考を要するだろう。抗がん剤は、一定期間投与したら、 別の抗がん剤へと切り替える等の使い方の工夫が必要なのだ。

がんを増殖する抗がん剤の"副作用"に関する論文は、 東京大学と米カリフォルニア大学サンフランシスコ校がまとめ、 米科学誌サイエンスへ発表された。

小児がんをデジカメで早期発見する方法

小児がんの一種に網膜芽細胞腫というがんがある。 早期発見で手術できれば95%以上の生存率だが、 発見が遅れがん細胞が脳転移すると命を脅かす恐ろしいがんだ。

この小児がんはがんが進行すると、 視力低下や失明といった症状が出るが、このような症状が出るまで進行してしま うと、治療が非常に困難になる。

網膜芽細胞腫という小児がんは、 細やかな自覚症状を訴求できない子供に代わって、 保護者が異常に気を配って早期発見、早期治療せねばならないのだ。

しかし、この小児がんを簡単に安く一般の保護者でも早期発見できる方法がある。 子供を撮ったデジカメの画像を観察するのだ。

網膜芽細胞腫という小児がんを患っている子供は、 写真を撮った時に目の瞳孔が白く写る現象が起きるのだ。 この現象は、小児がんの発病のかなり早期から発現するもので、 病気が進行るほど頻繁に観察されるようになる。

デジカメの写真を観察するだけで、 小児がんを早期発見する手法は、 アメリカの小児眼科の専門医たちが研究し、論文発表した。


Copyright (C) 2008-2013 がんニュース All Rights Reserved.